キャリオプの就職・転職ガイド

「憧れの業界について知りたい」「求人情報の見方がわからない」
「職務経歴書のまとめ方を教えてほしい」...
転職に関する悩みを解消するさまざまな記事を掲載。
転職活動を始める前に、目を通してみてください。

5分で完了!

転職サポート申し込み

キャリオプの職種図鑑⑥ 会社・組織を支える縁の下の力持ち 人事・採用・総務

スーツ姿の若い女性

6回めとなる「キャリオプの職種図鑑」。今回取り上げるのは「人事・採用・総務」です。人事と採用に関しては、就職活動で出会う機会のある職種なので、イメージがつく方も多いのではないでしょうか。実際は、私たちがイメージするよりも、人事の仕事は多岐に渡ります。

一方で「総務」は、仕事の中身を具体的に想像しづらいのではないでしょうか。中小企業では、総務の部署のなかに人事があったり、総務と人事を兼任している社員がいたりします。人事・採用・総務について、それぞれの仕事と共通点について解説していきます。

人事と総務は、どちらも広い業務をカバーしている

実は人事の仕事は、社員の採用や人員の配置転換だけではないということをご存知でしょうか。必要な人員の採用と配置以外に、人事制度の策定、人材の教育・育成、人事評価、勤怠管理、社会保険手続き、給与計算など幅広い業務を担当しています。大企業においては、「研修」「採用」「労務管理」などの役割を人事部に集約させるのが一般的です。

総務の役割は、会社運営に必要なヒト・モノ・カネを適切に動かすこと。オフィスの配置や備品の発注や管理、重要な会議や社内イベントの運営など、こちらも幅広い領域を担当しています。必要な情報・知識は多岐に渡り、管理職やリーダーには豊富な経験が求められます。

両者に共通していえるのは、「企業・組織を運営していくために、なくてはならない重要な機能である」ということです。

人事や総務ってなんか難しそうだけど?

それぞれの役割を見ると、「難しい仕事なのでは」と思われるかもしれませんが、採用の際に専門資格が必要になることはあまりありません。多くの企業で求められるのは、基本的なPCスキルと、コミュニケーション力などのヒューマンスキルです。

ただし、それぞれ入社した後に専門の知識・スキルを身に付ける必要があります。人事においては、労働基準法などの法律を押さえておく必要があり、採用担当は採用戦略の設計や募集、面接などのノウハウが求められます。総務担当は、コンプライアンスやリスクマネジメントに関する知識や、オフィス環境や組織を改善するための多用な方法を把握しておかなければなりません。両者とも、高いモラルとコスト意識も要求されます。

人事・総務ともに、営業のように売上などの数値で評価しにくく、達成感は得られにくい仕事です。「事業がスムーズに動くようにしたい」「社員が働きやすい会社を創り上げたい」という強い思いを抱き、主体的に考えて行動できる人に向いている仕事です。少人数で運営している中小企業が多く、求人は限定的ではありますが、興味がある方はぜひ「キャリオプ」のキャリアカウンセラーに相談してください。

「職種図鑑」の記事を見る