キャリオプのカウンセラーブログ

それぞれの業界の最新情報や、転職関連のトピックスをチェックしたい方は、
カウンセラーが旬のテーマについて語るブログをチェック!
ホットな求人情報から転職ノウハウまで、多様な情報をお届けしています。

5分で完了!

転職サポート申し込み

最新求人&業界ニュース

今だからこそ、正社員をめざす!ウィズコロナを見据えて転職すべき理由

マスクをしたビジネスチーム

コロナ禍により採用が厳しくなっているといわれている昨今、「転職したいけど、今はちょっと……」と考えている人も少なくないのではないでしょうか。「求人の多いタイミングの方が、理想の仕事に出会いやすい」という考えは一理ありますが、現在非正規雇用で働いている方は、むしろ急いで正社員の求人を探した方がいいかもしれません。ウィズコロナでも動いたほうがいい理由について、解説します。

非正規雇用は、会社側の都合に振り回されやすい立場

コロナ禍による店舗の閉店や営業時間の調整などで、店で働くスタッフの雇用に影響が出るケースについて耳にする機会は多くなっています。そんななかで、フルタイムでパート勤務をしていた店員が、別店舗での時短勤務を打診されるという事例がありました。お名前は、仮にAさんとしておきましょう。Aさんは、給与が減ると困るなどの理由で退職することになったのですが、その際に「自己都合による退職」としてしまったことが誤算につながります。

「自己都合」と「会社都合」では、失業保険給付にかかわる部分が大きく変わるのはご存知でしょうか。自己都合退社の場合、雇用保険の加入期間が1年以上でないと支給が行われないなど、いくつかの制限があります。Aさんの場合、加入期間は10ヵ月。2ヵ月足りなかったため、支給が受けられませんでした。

ハローワークにて手続きする際に「本当は会社都合なのに自己都合で退職届を出してしまった」といえば、企業に問い合わてもらえます。しかし、会社が認めなければ後から変更されることはなく、自己都合となってしまいます。

働き方における企業からのサポートにも格差が……

緊急事態宣言を受けて、リモートワークを導入した企業も増えました。なかには、正社員は週2出社なのに店舗で働くパート勤務は、フルタイムで出社せざるえないといったケースもあります。

時給で働くとなると、週3日でOKといわれると給与が下がってしまい、困る人もいるでしょう。コロナ禍で営業時間が短縮されたり、当面休業としたりする店舗もあります。これまでよくしてくれた会社や、人間関係が良好だった職場でも、いつまでも待てないということもあるでしょう。

「会社や店舗の事情で出勤日が減った」「この先もどうなるかわからない」という状況になった方は、それをひとつのきっかけと捉えて、安定的に働ける仕事や、正社員として採用してもらえそうな求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。この不安定な情勢のなかでも、積極的に正社員を採用している企業もあります。知名度が低いために採用に困っている会社の求人が、自分が希望する条件を満たしているといった話は決して少なくはありません。

大手転職サイトや厚生労働省が発表している求人倍率などのデータを見ると、飲食・小売や流通などの業界は依然として厳しい状況が続いていますが、医療・介護、教育、IT、スーパーやドラッグストアなど生活必需品を扱う業界は積極的に求人を出している企業があり、コールセンターや事務作業を請け負うBOPサービスなども採用を減らしていない会社が多い業界です。どんな仕事が自分に合うかわからなければ、転職サポートサービスのキャリアカウンセラーに相談してみてはいかがでしょうか。

キャリオプでは、未経験から正社員をめざす方に手厚いサポートを提供しています。
自分がどんな仕事をやりたいかわからないという方も、転職のプロが一緒にキャリアについて考えますので、まずはお気軽にご相談ください。